ホリデイ・トレッキング・クラブ

クラブについて

このコーナーでは、
皆様に日頃よくいただく質問について、
新聞っぽい感じで詳しく説明させていただきます。
「よくある質問」コーナーでは書ききれない、
より専門的な説明をさせていただいております。
お時間のあるときにお読みいただければ嬉しいです。

なぜ矯正歯科専門医院で治療すべきなの?



 最近では一般の歯医者さんでも矯正治療を行っているところが多く、どこを受診して良いのか迷われている方も多いことと思います。

 しかし、その中には矯正治療に対する専門的な知識が不足している歯科医院が多く存在します。
 そうした医院では、

「必要な検査や診断を行わず治療する」
「どの患者様に対しても同じ装置(床矯正装置など)で治療する」
「どんな症例でも抜歯せずに治療する」
「治療期間が長期化する」

といったような実態があるようです。

 では、なぜ歯並びの治療を行うにあたって、このような治療が問題となるのかお話しさせていただきます。


 また、このような「不適切な矯正治療」につきましては、矯正歯科専門開業医の団体「日本臨床矯正歯科医会」のホームページ内(トレンドウォッチ vol.13)でも問題視されています。ぜひ、そちらもご一読いただければと思います。



矯正治療のための検査を行い、しっかりとした治療計画を立てます。


XR20090414990059_CEPHALOGRAPHY_0J0106_3002.jpg徳永初診時lateral2次.jpg


 皆さんは、このようなレントゲン写真をごらんになったことはございますか?

 このレントゲン写真は、患者様の頭の部分を横から撮影したものです。頭部X線規格写真(セファログラム)と呼ばれ、矯正治療には不可欠な精密検査のひとつです。矯正専門医院には必ずこのセファログラムを撮影するための機器が備えられており、主に上下の顎の骨の大きさのバランスや、歯が正常な角度で生えているかを調べる資料となります。言い換えれば、この検査をしない矯正治療は、きちんとした診断や治療計画を立てずに診療を行っている可能性が高いことになります。最近では、セファログラムを撮影する機器を備えていない歯医者さんでも矯正治療を行っており、この検査を行わないことでトラブルも増えてきています。

 矯正治療のための精密検査は、このセファログラムのほか、歯と歯を支える骨の状態を調べるX線写真、顎の関節の状態を調べるX線写真、お口とお顔の写真撮影、歯の型取りなどを行います。これらは、治療の計画を立てるための重要な資料となります。それとともに、患者様がご自分の治療前後の歯や骨の状態を知ることができる資料にもなるのです。




患者様の症状に合わせた装置を使用します。


 矯正治療では、症状に合わせて使用する装置をしっかり検討する必要があります。

 特にお子様の治療に使用する装置の種類は多く、その中から最も適した装置を選ぶ必要があります。出っ歯(上の顎が出ているパターンや下の顎が引っ込んでるパターン)、受け口(下の顎が出ているパターンや上の顎が引っ込んでるパターン)など、症状が様々あるように、その症状に適した装置も様々あるのです。床矯正治療などで見受けられる「一つの装置でどんな症状も治す」といったことはないのです。

 また、適した装置を選ぶことと同時に、装置の効果を最も発揮する時期を見極めることも大切です。

 例えば、お子様の矯正治療は顎の成長を利用して行うことがあります。その治療には、上顎と下顎の大きさのバランスを良くするために、顎の成長を促したり、逆に抑制したりする装置を使用します。装置を使う時期を見極めるためにも、定期的にセファログラムを撮影し、過去のものと比較することで、顎の成長量を調べることにしております。そうすることで、お子様の矯正治療で同じ装置を2年以上使用することは、ほとんどありません。

 ご本人やご家族の負担を軽くするため、できる限り装置を使用する期間を短くすることを目標としております。



矯正治療を専門に診療してきた経験があります。


 矯正歯科は一般歯科や小児歯科などの他分野と比較して専門性が高い分野です。また、一人の患者様を治療するのに要する期間も長く、その技術を学ぶためには多くの時間が必要となります。

 しかし一方で、国家試験により歯科医師免許を取得しさえすれば、矯正歯科を看板にすること自体に問題はないのです。そのため、数回の講習会で学んだだけで矯正歯科を始める歯科医や小児歯科医が増えているのが現状です。繰り返しになりますが、矯正歯科は専門性の高い分野で一般歯科の診療経験は矯正治療に役立ちません。

 「患者様のお口の中はみんな同じ」ということはまずありません。矯正歯科の治療は教科書通りには行かないことが多いのです。経験を積んだ矯正専門医でさえ、予期せぬ事態への対処が必要となることも少なくありません。その際頼りになるのは、矯正治療に対する豊富な診療経験から得た多くの引き出しなのです。

 このような理由から、私どもは矯正専門医院での治療をお勧めしております。